キッチンスタイル

最近のキッチンの傾向として、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業を手伝いやすくなります。オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプもあれば、部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があるのです。

今まではリビングに背を向けていたのが、家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを大事にできるようになるのです。このオープンキッチンのデメリットを挙げるならば、常にきれいなキッチンで魅せるキッチンであることを求められることです。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていないキッチンもダイニングやリビングから丸見えになってしまいます。このような時は見た目にいいものではありませんし、片付けが苦手な人にはあまり向いていないキッチンスタイルとも言えるでしょう。

このデメリットをカバーしてくれるのがキッチンの前に腰壁を設けて手元部分をしっかりと隠せるセミオープンタイプのキッチンです。これならリビングとの繋がりや一体感はそのままに、雑多になりがちな手元部分はしっかりと隠せます。我が家はこのキッチンスタイルにしました。腰壁を設けたことでカウンターを設けたり、この壁の厚みを利用してニッチを設けることもできました。キッチンスタイルでキッチンの印象が大きく変わってくるので、自分に合ったものを選びましょう。

ママの理想的な家

家事や育児に毎日慌ただしく過ごしているママは多いと思います。それに加えて仕事を抱えているママもいます。なかなか自分の時間を過ごすことがないママが多いと思いますが、家に居る時間は親子の時間、夫婦の時間、そして家族の時間を大切にしながらも、一人の時間も楽しめるようにしておくことで忙しいママの理想的な家が完成するのではないでしょうか。

ママが住宅内で長時間過ごす場所はキッチンです。このキッチンから1階のほとんどの空間が目に届くようにするといいのです。キッチンで家事をしながら子どもの様子が確認できれば、家事と育児の両立がしやすくなります。また子どもと今日のできごとを話しながら夕飯の支度をしたり、お皿洗いをしながら夫婦でコミュニケーションを取ったりと、家事をしながら家族との時間を大切にできるのです。これなら家事をする時間も楽しみながら行えるようになるのです。

そして適材適所に収納を充実させることも大切です。片付けをするのもママの仕事の一つです。物がきちんと片付けられるスペースを確保しておくことで片付けがスムーズに行えますし、また適材適所に必要な物が揃っていることで家族みんなが暮らしやすい家にもなるのです。そしてキッチン横にちょっとしたママスペースを設けるのもいいと思います。

家事や育児の合間の休憩はこの自分だけのスペースで憩うのです。誰にも邪魔をされず自分だけのスペースがあるというだけでも安らぎ度は変わってきますし、家事への原動力にもなるのです。ここでは家計簿をつけたり、パソコンで夕飯のレシピ検索をするにも最適なスペースとなるでしょう。ママの理想的な家を目指してほしいと思います。

素材重視の家

我が家は使用する素材を重視して家造りを進めてきました。まずは地元の杉を使用した無垢材の床です。表面に凹凸のある浮造りの床は、足裏を適度に刺激してくれるので足裏のマッサージ効果が得られるのです。床は肌が直接触れる部分でもあるだけに肌触りという点を重視しました。肌触りという観点から床を選ぶと、合板のフローリングに比べて無垢材の床の方が格段にいいのです。

合板のフローリングは、夏はペタッと張り付いた感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことができません。しかし無垢材の床であれば、夏はサラサラした肌触りで、冬はほんのり温かみを感じられるので裸足で歩きたくなるほどなのです。また木の木目の美しさは無垢材の床ならではだと思います。木の本来の温もりを感じ、眺めているだけでも癒しの効果が得られるのです。

壁に使用されるのは主としてクロスです。しかし我が家は漆喰にしました。漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。じめじめする梅雨時期、外から室内に入ってくるとカラッとしているのです。それは漆喰の効果なのです。

また室内の嫌なにおいを吸着してくれる効果もあるのです。それだけでなく人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着する効果もあるのです。素材にこだわった家にすることで、少々割高にはなってしまうのですが家族が快適に健康で暮らせる家になるのです。そして長期に渡り住み継がれる家を実現することにも繋がるのです。

リビング学習

小学生頃までの子どもが勉強する場は、二階に設けた子ども部屋ではなく家族が近くにいるリビングなのです。最近ではリビング学習する子ども達が多いので、勉強机を買うよりも、リビングにスタディーコーナーを設けることを重視する家庭が増えてきました。リビング学習は子どもの学力を向上するとも言われています。一人で部屋にこもって勉強するよりも、家族が近くにいて、分からないところや質問したいことがあればスムーズに聞ける環境であることで、勉強を円滑に進められるからです。親にとっても子どもが目の届く範囲で宿題や勉強をすることで安心して家事を進めることができますし、宿題のチェックもしやすくなるのです。

我が家はこのことを踏まえて、リビングの窓際にスタディーコーナーを設けました。自然の明るさを取りこめる環境は文字がはっきりと見え勉強もしやすくなります。子どもが二人いるので二人並んでゆったりと勉強ができる広さにしました。造り付けカウンターの下には勉強道具を一時置きできるように、可動オープン棚を設けました。勉強をしない時はここに勉強道具をしまっておけば、違う目的で使用することができるのです。ここをママのワークスペースとしても利用しようと思っています。家計簿を付けたり、パソコンをしたり、洗濯物をたたんだりするカウンターとしても最適なのです。

また夜でもこのスペースを利用できるように照明を設置しました。リビング学習をする人の多くは、ダイニングテーブルやリビングのローテーブルという人もいます。しかしこれでは生活するスペースと勉強スペースが混合し生活にメリハリも生まれません。子どもがより快適に集中して勉強が行える環境を整えておくべきだと思います。

リビングにスキップフロア

先日、完成住宅会に参加してきました。その住宅にはリビングにスキップフロアがもうけられていました。リビング内にスキップフロアがあることで、この空間がより特別な空間になっていました。子どもが遊ぶスペースとして、昼寝をするスペースとして、また時にはパソコンスペースや家事スペースとして活用することができるのです。誰がこの空間を使っていても、リビングからきちんと互いの様子が目に入るので、安心できます。リビングとの一体感はそのままに、しかしスキップフロアで過ごす時間は個室にいるような感覚にもさせてくれるのです。

リビング内にこのような空間があるといいなと思いました。リビングで洗濯物をたたんでいると、子ども達が横で遊んでいるのでたたんだ洗濯物をバラバラにされることがあります。必要以上に時間がかかり手間がかかってしまうのです。またアイロンがけをするとアイロンに興味を示し、危なくて落ち着いてアイロンがけもできません。このような時にスキップフロアを活用すれば、円滑に家事を進めることができます。子ども達から邪魔されることもなくなるので家事の効率も高まります。

また私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をします。リビングに居る子ども達にきちんと目が届く環境で落ち着いて仕事ができるのも嬉しい空間です。くつろぐリビングと、作業を行うリビングを分けて活用できるのは空間にメリハリが生まれるだけでなく、生活そのものにもメリハリが生まれるのです。我が家にもぜひスキップフロアを設けたいなと思いました。

ニッチのある家

先日新築住宅を建てた親戚宅へ遊びに行きました。その住宅には玄関入って正面の壁に飾り棚としてのニッチが設けられていました。玄関は第一印象を決める大事な空間です。その空間に飾り棚としてのニッチがあることで、空間を華やかにそして玄関のアクセントとなっていました。これを見て、これから建てる我が家の新築住宅にもニッチを取り入れたいなと思いました。

このニッチとは壁の厚みを利用して飾り棚を設けることです。飾り棚としてだけでなく、小物の収納スペースとしても活躍してくれます。大きさや形状も自由にアレンジできるので、空間に合わせてサイズを決めることができます。これは壁の厚みを利用することから、広さに限りのある空間でも魅力を発揮できます。
例えば、廊下など殺風景になりがちな部分にオシャレな雑貨を飾りたいと思っても、通路に飾り棚を設けると広さに余裕がないと棚が肩にぶつかり通行の妨げのようになることもあります。しかしニッチであれば通路を妨げることなく、空間を華やかにしてくれるのです。

またトイレや洗面室など広さに限りのある空間には収納機能のあるニッチを設けるといいのです。トイレにはトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたい物は多いですが、広さに限りのある空間なだけにキャビネットなどを置くと圧迫感を感じさせてしまいます。壁厚を利用してニッチ収納を設けることで、圧迫感を感じることなく収納スペースを確保できるのです。
洗面室にも髭剃りや歯ブラシなども散らかりがちで、尚且つ生活感を感じるアイテムを収納できるニッチ収納があるといいと思います。ニッチの前に扉を付ければ隠す収納となり生活感も感じさせません。ニッチを取り入れ素敵な家にしたいものです。

和モダンな庭の空間づくり

都会の住宅密集地で、住まいを新築する時、広い土地を確保することが難しいうえに、隣家が迫っていますので、閉塞感があります。
開放感のある居住スペースを確保するため、開口部を広く取ると、プライバシーを守ることができなくなってしまいます。限られた敷地面積の中で、明るく、開放感のある居住空間を実現するには、既存の考え方や間取りではどうにもなりません。そこで、住まいに光庭を設けるようになってきました。日本人は、昔からこの光庭を利用して、採光や通風をよくしてきました。

私の友人が住まいを新築したのは、住まいの南、西、東側に隣家が迫っている土地でした。セオリー通りに、南側に庭をつくり、それに面して、LDKをつくったとしても、南側からの採光はあまり望めない上、プライバシーのことを考えると、終日、レースのカーテンを閉め切らないといけなくなります。限られた条件の中で、できるだけ、明るく、開放感のある住まいを実現するために、モデルハウスを見学したり、施工例を検索したりしました。建物の周囲に開口部を設けるのでなく、最低限の開口部にして、中庭によって、光や風を取り入れるように考えました。

最初は、ここにある程度背の高いシンボルツリーを植えようと考えましたが、できるだけ、手間がかからないように考えました。そこで、少し大きめの自然石や蹲を中央に置き、ヒイラギナンテンやコクチナシを植え、足元は白の玉砂利で仕上げました。その周囲は、ブラッククオーツの乱形石で仕上げました。和の空間が広がりますが、背の高いシンボルツリーにしなかったので、空につながり、開放感があります。中庭ということで、近隣への光害を心配しなくてもよいですから、タイマー付きのスポットライトを設置し、ライトアップすることもできます。
住宅密集地にありながら、開放的で、和モダンな空間を得ることができました。

住まいの第一印象

住宅の第一印象を決める部分は玄関です。この玄関スペースは靴が散らかるのを防ぎ、不意に訪れるお客様にもしっかりと対応できるようにしておきたいものです。

玄関の快適性を保つためにはシューズクロークを設けましょう。家族みんなの靴を大容量に収納しておけるシューズクロークがあると便利です。靴と言ってもブーツや長靴など高さのあるものもあります。収納するもののサイズに合わせて収納棚を自由に変えられるようにしておきましょう。そうすることでデッドスペースが生まれにくく、空間を有効活用できるのです。

また外で使用するベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味のゴルフ用品、車の洗車用品、子ども用のおもちゃなどまできちんと収納しておけるシューズクロークであれば玄関スペースや玄関周りが片付きます。これらのものが玄関部分や玄関ポーチ部分に置きっぱなしになっている家庭も多いと思いますが、これらがあることで住宅の第一印象も悪くなってしまいます。物を片付けられスッキリとした空間となるように、収納力のあるシューズクロークを設けましょう。

そしてここに上着を一時置きできるスペースも確保しておくとより便利さを高められるシューズクロークとなります。ここに上着を一時置きしておけば、リビングで上着を脱ぎ、ソファの上に置きっぱなしになることも減るでしょう。また外出の際も二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに、きれいでスッキリと最高のおもてなしができる空間にしておきたいものです。

浴室換気暖房乾燥機

浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置することで、浴室の快適性を高めることができます。それだけでなく、家事への負担も軽減できるのです。これは1台で4役を果たしてくれます。
まず暖房機能です。寒い冬はお風呂に入るのが面倒と感じるものです。特に一番風呂は寒くて入りたくありません。しかしこの暖房機能を活用し、入浴前にスイッチを入れておけば、高速温風が浴室をすぐに温めてくれます。このような機能があれば冬でも快適に入浴タイムを楽しめます。

また高齢者にとって冬の入浴には危険が潜んでいます。住宅内の温度差でヒートショックを引き起こし、命を落としてしまう人もいます。浴室の暖房機能を活用し温度差を少なくして安全性の高い浴室にしたいものです。
蒸し暑い夏場は涼風機能を使い、扇風機代わりにします。快適な浴室になります。そして家事への負担を軽減してくれる衣類乾燥。屋外に洗濯物を干せないということは多いです。梅雨時期は衣類が乾かず、干し場に困ることもあります。花粉飛散時や大気汚染物質が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じてしまいます。

しかし洗濯は毎日行う家事の一つだけに、きちんと洗濯物が乾く環境を整えておきたいものです。この衣類乾燥を活用すれば衣類をしっかり乾かし、シワになりにくいのです。
そして換気機能を活用しお風呂のジメジメを防ぎ、カビや水垢がつきにくい環境にしたいものです。これを設置することでこれらの機能に充実しているので浴室に設置する人が増えています。快適な浴室にするにも、家事へのストレスを感じることを少なくするためにもこれがあると便利ですね。

水廻りの収納

水回りというのは、キッチン、トイレ、洗面脱衣所、バスルームで、文字通り、水を使う場所です。給排水の配管のことを考えると、できるだけ、間取り的に集中させます。1つ1つの空間は、そんなに広くないため、どうしても、湿度が高くなってしまいます。そのスペース内の収納については、かなりの悪条件になってしまいます。
しかし、トイレ関係には洗剤類やトイレットペーパーのストック、洗面脱衣所やバスルームにも洗濯洗剤類、シャンプーやリンス、せっけん類、フェースタオルやバスタオルなど、収納したいものが多くあります

私の友人が住まいを新築した時、水回りの収納について、考えたそうです。できれば、洗剤類やトイレットペーパーのストックはトイレの中に保管したいし、バスルームや洗面脱衣所で使うものは洗面脱衣所に収納したいと思いました。
そこで、トイレには吊戸棚を付けました。できるだけ大容量の収納が欲しいと思い、大きめの吊戸棚を付けました。また、洗面脱衣所には、腰高のオープン棚をつけてもらい、籠などに入れて、タオル類や洗剤類を収納するようにしました。使う場所の近くに収納することで、使いやすいと思っていました。
しかし、実際に生活を始めると、どうしても、狭い空間に収納を作りますから、圧迫感がありますし、湿度も高いので、収納としてはよくないと反省しています。

彼女の友人は、水回り前の廊下の壁に、奥行きの薄い収納を設けました。引き戸を付けましたので、一見すると、壁のようで、すっきりしています。水回りのすぐ外にあり、家族のだれもがここにストックしていることが分かっていますので、簡単に補充することができます。水回りのそばにあるといっても、湿気の影響を受けませんから安心です。
水回りの中に収納を作るのでなく、できるだけ、水回り内部はすっきりさせ、湿気がとどまらないように、水回りの外に収納を作ればよかったと反省しています。