リビングにスキップフロア

先日、完成住宅会に参加してきました。その住宅にはリビングにスキップフロアがもうけられていました。リビング内にスキップフロアがあることで、この空間がより特別な空間になっていました。子どもが遊ぶスペースとして、昼寝をするスペースとして、また時にはパソコンスペースや家事スペースとして活用することができるのです。誰がこの空間を使っていても、リビングからきちんと互いの様子が目に入るので、安心できます。リビングとの一体感はそのままに、しかしスキップフロアで過ごす時間は個室にいるような感覚にもさせてくれるのです。

リビング内にこのような空間があるといいなと思いました。リビングで洗濯物をたたんでいると、子ども達が横で遊んでいるのでたたんだ洗濯物をバラバラにされることがあります。必要以上に時間がかかり手間がかかってしまうのです。またアイロンがけをするとアイロンに興味を示し、危なくて落ち着いてアイロンがけもできません。このような時にスキップフロアを活用すれば、円滑に家事を進めることができます。子ども達から邪魔されることもなくなるので家事の効率も高まります。

また私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をします。リビングに居る子ども達にきちんと目が届く環境で落ち着いて仕事ができるのも嬉しい空間です。くつろぐリビングと、作業を行うリビングを分けて活用できるのは空間にメリハリが生まれるだけでなく、生活そのものにもメリハリが生まれるのです。我が家にもぜひスキップフロアを設けたいなと思いました。

ニッチのある家

先日新築住宅を建てた親戚宅へ遊びに行きました。その住宅には玄関入って正面の壁に飾り棚としてのニッチが設けられていました。玄関は第一印象を決める大事な空間です。その空間に飾り棚としてのニッチがあることで、空間を華やかにそして玄関のアクセントとなっていました。これを見て、これから建てる我が家の新築住宅にもニッチを取り入れたいなと思いました。

このニッチとは壁の厚みを利用して飾り棚を設けることです。飾り棚としてだけでなく、小物の収納スペースとしても活躍してくれます。大きさや形状も自由にアレンジできるので、空間に合わせてサイズを決めることができます。これは壁の厚みを利用することから、広さに限りのある空間でも魅力を発揮できます。
例えば、廊下など殺風景になりがちな部分にオシャレな雑貨を飾りたいと思っても、通路に飾り棚を設けると広さに余裕がないと棚が肩にぶつかり通行の妨げのようになることもあります。しかしニッチであれば通路を妨げることなく、空間を華やかにしてくれるのです。

またトイレや洗面室など広さに限りのある空間には収納機能のあるニッチを設けるといいのです。トイレにはトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたい物は多いですが、広さに限りのある空間なだけにキャビネットなどを置くと圧迫感を感じさせてしまいます。壁厚を利用してニッチ収納を設けることで、圧迫感を感じることなく収納スペースを確保できるのです。
洗面室にも髭剃りや歯ブラシなども散らかりがちで、尚且つ生活感を感じるアイテムを収納できるニッチ収納があるといいと思います。ニッチの前に扉を付ければ隠す収納となり生活感も感じさせません。ニッチを取り入れ素敵な家にしたいものです。

和モダンな庭の空間づくり

都会の住宅密集地で、住まいを新築する時、広い土地を確保することが難しいうえに、隣家が迫っていますので、閉塞感があります。
開放感のある居住スペースを確保するため、開口部を広く取ると、プライバシーを守ることができなくなってしまいます。限られた敷地面積の中で、明るく、開放感のある居住空間を実現するには、既存の考え方や間取りではどうにもなりません。そこで、住まいに光庭を設けるようになってきました。日本人は、昔からこの光庭を利用して、採光や通風をよくしてきました。

私の友人が住まいを新築したのは、住まいの南、西、東側に隣家が迫っている土地でした。セオリー通りに、南側に庭をつくり、それに面して、LDKをつくったとしても、南側からの採光はあまり望めない上、プライバシーのことを考えると、終日、レースのカーテンを閉め切らないといけなくなります。限られた条件の中で、できるだけ、明るく、開放感のある住まいを実現するために、モデルハウスを見学したり、施工例を検索したりしました。建物の周囲に開口部を設けるのでなく、最低限の開口部にして、中庭によって、光や風を取り入れるように考えました。

最初は、ここにある程度背の高いシンボルツリーを植えようと考えましたが、できるだけ、手間がかからないように考えました。そこで、少し大きめの自然石や蹲を中央に置き、ヒイラギナンテンやコクチナシを植え、足元は白の玉砂利で仕上げました。その周囲は、ブラッククオーツの乱形石で仕上げました。和の空間が広がりますが、背の高いシンボルツリーにしなかったので、空につながり、開放感があります。中庭ということで、近隣への光害を心配しなくてもよいですから、タイマー付きのスポットライトを設置し、ライトアップすることもできます。
住宅密集地にありながら、開放的で、和モダンな空間を得ることができました。

住まいの第一印象

住宅の第一印象を決める部分は玄関です。この玄関スペースは靴が散らかるのを防ぎ、不意に訪れるお客様にもしっかりと対応できるようにしておきたいものです。

玄関の快適性を保つためにはシューズクロークを設けましょう。家族みんなの靴を大容量に収納しておけるシューズクロークがあると便利です。靴と言ってもブーツや長靴など高さのあるものもあります。収納するもののサイズに合わせて収納棚を自由に変えられるようにしておきましょう。そうすることでデッドスペースが生まれにくく、空間を有効活用できるのです。

また外で使用するベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味のゴルフ用品、車の洗車用品、子ども用のおもちゃなどまできちんと収納しておけるシューズクロークであれば玄関スペースや玄関周りが片付きます。これらのものが玄関部分や玄関ポーチ部分に置きっぱなしになっている家庭も多いと思いますが、これらがあることで住宅の第一印象も悪くなってしまいます。物を片付けられスッキリとした空間となるように、収納力のあるシューズクロークを設けましょう。

そしてここに上着を一時置きできるスペースも確保しておくとより便利さを高められるシューズクロークとなります。ここに上着を一時置きしておけば、リビングで上着を脱ぎ、ソファの上に置きっぱなしになることも減るでしょう。また外出の際も二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに、きれいでスッキリと最高のおもてなしができる空間にしておきたいものです。

浴室換気暖房乾燥機

浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置することで、浴室の快適性を高めることができます。それだけでなく、家事への負担も軽減できるのです。これは1台で4役を果たしてくれます。
まず暖房機能です。寒い冬はお風呂に入るのが面倒と感じるものです。特に一番風呂は寒くて入りたくありません。しかしこの暖房機能を活用し、入浴前にスイッチを入れておけば、高速温風が浴室をすぐに温めてくれます。このような機能があれば冬でも快適に入浴タイムを楽しめます。

また高齢者にとって冬の入浴には危険が潜んでいます。住宅内の温度差でヒートショックを引き起こし、命を落としてしまう人もいます。浴室の暖房機能を活用し温度差を少なくして安全性の高い浴室にしたいものです。
蒸し暑い夏場は涼風機能を使い、扇風機代わりにします。快適な浴室になります。そして家事への負担を軽減してくれる衣類乾燥。屋外に洗濯物を干せないということは多いです。梅雨時期は衣類が乾かず、干し場に困ることもあります。花粉飛散時や大気汚染物質が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じてしまいます。

しかし洗濯は毎日行う家事の一つだけに、きちんと洗濯物が乾く環境を整えておきたいものです。この衣類乾燥を活用すれば衣類をしっかり乾かし、シワになりにくいのです。
そして換気機能を活用しお風呂のジメジメを防ぎ、カビや水垢がつきにくい環境にしたいものです。これを設置することでこれらの機能に充実しているので浴室に設置する人が増えています。快適な浴室にするにも、家事へのストレスを感じることを少なくするためにもこれがあると便利ですね。

水廻りの収納

水回りというのは、キッチン、トイレ、洗面脱衣所、バスルームで、文字通り、水を使う場所です。給排水の配管のことを考えると、できるだけ、間取り的に集中させます。1つ1つの空間は、そんなに広くないため、どうしても、湿度が高くなってしまいます。そのスペース内の収納については、かなりの悪条件になってしまいます。
しかし、トイレ関係には洗剤類やトイレットペーパーのストック、洗面脱衣所やバスルームにも洗濯洗剤類、シャンプーやリンス、せっけん類、フェースタオルやバスタオルなど、収納したいものが多くあります

私の友人が住まいを新築した時、水回りの収納について、考えたそうです。できれば、洗剤類やトイレットペーパーのストックはトイレの中に保管したいし、バスルームや洗面脱衣所で使うものは洗面脱衣所に収納したいと思いました。
そこで、トイレには吊戸棚を付けました。できるだけ大容量の収納が欲しいと思い、大きめの吊戸棚を付けました。また、洗面脱衣所には、腰高のオープン棚をつけてもらい、籠などに入れて、タオル類や洗剤類を収納するようにしました。使う場所の近くに収納することで、使いやすいと思っていました。
しかし、実際に生活を始めると、どうしても、狭い空間に収納を作りますから、圧迫感がありますし、湿度も高いので、収納としてはよくないと反省しています。

彼女の友人は、水回り前の廊下の壁に、奥行きの薄い収納を設けました。引き戸を付けましたので、一見すると、壁のようで、すっきりしています。水回りのすぐ外にあり、家族のだれもがここにストックしていることが分かっていますので、簡単に補充することができます。水回りのそばにあるといっても、湿気の影響を受けませんから安心です。
水回りの中に収納を作るのでなく、できるだけ、水回り内部はすっきりさせ、湿気がとどまらないように、水回りの外に収納を作ればよかったと反省しています。

キッチンカウンター

キッチンスタイルが多様化する中、我が家の新築住宅にはどのようなキッチンにするか非常に悩みました。キッチンは女の城とも言われます。主婦である私は一日の大半をキッチンで過ごすのでそれだけキッチンを重視しています。

我が家はLDKの一体感を大事にしたかったので対面式のオープンキッチンにしました。しかしオープンキッチンの最大のデメリットはきれいな時も汚れている時も見られるということです。きれいな時はいいのですが、調理中や調理後の汚れた状態のキッチンは見られたくないものです。またこのような状態の時にお客様が来れば、見られたくない気持ちも高まりスムーズな対応ができません。

そこでキッチンの前に造作カウンターを設けます。こうすることで手元部分をしっかり隠せるので、汚れたキッチンをダイニングやリビングから見られることはありません。そして軽食を取ったり、お茶をするのに最適なカウンターを設けます。このカウンターがあることでキッチンをカフェ風にすることもでき、ママ友が遊びに来た時にも重宝すると思います。家事の合間に休憩する場所として、バタバタする朝食時には調理したものをサッと配膳できるので朝食を食べるスペースとしても便利です。

ここにコンセントを設けておけば携帯を充電する場所として、またここでパソコンを使用する時にも便利です。このようなカウンターがあるだけで家族がキッチンに集まりキッチンが中心となる家にもなります。ここに設ける照明はデザイン性の高いペンダントライトやオシャレな雑貨を飾るだけでカフェ風気分を高めることができます。家事のしやすさと同時にデザイン性にもこだわりたいですね。

二階に第二のリビング

家族が集まるリビングが二階にもあるといいな~と思ったことはありませんか。
多くの家庭では一階にリビングがあり生活の中心が一階だと思います。
二階は寝る時しか使用しないという家庭が多いと思います。

二階に第二のリビングを設けて、二階で家族で集える空間を確保することで住宅への楽しみ方が増えるだけでなく、一階だけでなく二階スペースも余すことなく活用させることでもったいないと感じる空間もなくなるのです。
そこで我が家の新築住宅では階段を上がった先のホールを活用し家族で集える第二のリビングルームを設けました。この空間を中心に子ども部屋や寝室へ行き来できるようにしているので二階には廊下がありません。廊下がないことで空間を有意義に活用できるのです。

二階にも家族で集える空間があることで家族が顔を合わせる機会も増えるのです。
家族との繋がりを大切にしたいと考えていたので二階に第二のリビングを設けることはいい選択だったと思います。

寝る前のゆっくりとくつろぐ時間を二階のリビングで過ごすのです。
子ども達が眠くなってもすぐに寝室へ行けるので親の寝かせつけもしやすくなります。
また寝る前に家族みんなでゲームをして楽しむスペースとして活用するのもいいと思います。家族で盛り上がれる空間となるのです。
また休日のゆっくりした朝をここで過ごすのもいいでしょう。
時には気分を変えて開放感ある二階のリビングで朝食をとるのも素敵だなと思っています。

住宅での過ごし方に幅を広げてくれるので二階にも家族で集えるリビングを設けてみてはいかがでしょうか。

収納力のある家

住宅への不満は収納と言われています。
従来の住宅に比べ、最近の住宅は各部屋にきちんと収納スペースが確保されているという印象を受けました。
我が家も新築住宅を建てることを決め、多くのモデルハウスや完成住宅会に参加してきました。収納スペースを設ける時のポイントは適材適所に少し余裕のある収納スペースを設けるということです。

そのためには各空間に収納する物がどのくらいあるか把握しておくことが大事なのです。収納量が分かれば必要な広さの収納スペースを設けることができるのです。
一か所に大きな収納スペースがあっても意味がないということなのです。動線を考えながらどこに収納スペースがあると便利かということを考える必要もあります。
その代表的な収納スペースが玄関横に設けるシューズクロークやキッチンスペースに設けるパントリーです。
玄関に収納しておきたい物以上に外で使用する洗車用品や子どもの外用のおもちゃ、ベビーカーなどまで収納しておける空間があると便利さを感じることでしょう。
またキッチンにパントリーを設けることで、ついつい特売日に買い込んだお菓子やビールなどをキッチンスペースの床に置きっぱなしにすることなく、このパントリーにきちんとしまうことができるのです。
キッチンスペースを有意義に活用できるのです。
物が散らかっていると家事の効率にも影響してくることでしょう。

また屋根裏空間を活用して季節ものなど使用頻度の低い物を収納しておける物置を設けておくのも便利です。子どもの成長と共に物も増えていきます。
捨てられない物も多くなります。
それらをきちんとしまっておくスペースがあると室内が片付き便利な収納スペースと感じることと思います。
満足度の高い家にするには収納に注目した家造りをしたいものです。

可動間仕切り収納

部屋を今に適した形を整えることで暮らしやすさを感じられる家になると思います。
住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。
小学生頃までは個々の子ども部屋を設けていても使用しないことの方が多いです。

子どもが小さい間は個々の部屋を造っているよりは広々としたワンルームで兄弟姉妹で仲良く遊べる空間がある方がいいのです。
一緒に遊び、一緒に勉強できる空間がある方が子ども部屋の使用度も高まります。
そして中学生頃になると個室を必要とし始めます。
その時に可動間仕切り収納を使用しそれぞれの空間を造ってあげるのです。
部屋に合わせて幅や高さをオーダーメードでき、また移動や固定が簡単にできるのです。
収納スペースにおいても収納する物に合わせて収納パーツを変えられ自分の使いやすい収納スペースを手に入れることができるのです。

広々空間から個室になると狭さや圧迫感を感じると思います。
しかし収納力をアップさせ物が散らかりにくい環境を整えることで狭さや圧迫感を感じない子ども部屋になるのです。
子どもがより成長し家を巣立っていけばまた子ども部屋は必要なくなります。
その時は可動間仕切り収納を移動させ空間を自由にアレンジすればいいのです。
広々ワンルームを第二のリビングルームスペースと何度という風に活用するのもいいと思います。

また第二のリビングルームとして空間を整えておけば、子ども達が帰省した時も使用できます。子どもの成長に合わせて、また自分達が年を重ねていくことで住宅に求める形が変わってきます。
その変化に対応するためには可動間仕切り収納を活用させるのも一つの方法だと思います。