Archive for the ‘アパート・マンションの違い’ Category

アパートとマンションの違い(特長編)

物件の呼び名は不動産会社によってアパートとしているかマンションとしているかは変わってきます。
明らかに木造2階建てであればアパート、5階建てでエレベータもついている物件ならマンションと誰もが言うと思います。
しかし明確な規定はありません。
一般的に物件の特徴で分類されるわけですが、今回は『アパートとマンションの違いについての特徴』についてくわしく取り上げていきたいと思います。
まずはアパートの特徴から基本的に2階建てで木造建てや軽量鉄骨などの準耐火構造の物件が多い。エレベータはなく管理人もいない場合が多いため管理費が安い傾向です。また建築費を抑えて建てられているためマンションよりも賃料は安めです。
次にマンションの特徴ですが鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造で高層住宅であることが多いです。
また遮音性が高く、エレベータがついていたり管理人がいる場合もあります。また建築費もかかるので賃料や管理費はアパートより高い傾向にあります。
ここまで説明した特徴はあくまでも一般的なものですが、最近では高級感があふれていたり音が響きにくいアパートなども数が増えてきました。
また設備についても初期設備としてエアコンが付いていたり、IHクッキングヒーターが設置されているなど最近のアパートは設備やデザインも工夫されているようです。
ユーザー側の希望・要望を取り入れていかないと物件を建てるだけでは借りてもらえないという貸主側も努力や勉強をしているのでしょう。

アパートとマンションの違い

住み替えや転勤などで引っ越しをする際に『知っていると得をすること』や『なるべく知っておいた方がいい』ということなどできるだけ紹介していこうと思います。
これから引っ越しをされる方や今後住み替えなどをお考えの方の参考になればと思います。賃貸物件を探す物件を探す時に不動産賃貸情報誌やインターネットなどで情報を収集すると思います。
手に入れた物件情報にはさまざまな事が記載されていることだと思います。
不動産の用語は聞いたことがあってもその内容についてははっきりと理解していないという方が多いと思います。
そういった所も説明出来たらいいなぁと思っています。では今回は『アパートとマンションの違い』について取り上げてみようと思います。
賃貸物件の呼び名には「アパート」「マンション」「コーポ」「ハイツ」と様々な呼び名がありますよね。
果たしてその違いってなんだろう?呼び名なんて特別気にしていない方の方が実際多いのかもしれませんね。(笑)
まぁお付き合いください。
結論から言うとこの様な物件はマンションとするという明確な規定はありません。
不動産会社が広告する時や物件を預かった時にその物件をアパートと思えばアパート、マンションと思えばマンションということになります。
ただ、一般的な概念としては木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件の事をアパート、鉄骨鉄筋コンクリートまたは鉄筋コンクリート造などの耐火構造の集合住宅の事をマンションと呼ぶ傾向にあります。