Archive for 2月, 2010

賃貸情報の収集と解析(礼金・敷金編)

引っ越しのための賃貸物件の部屋を探すことを決めたらまず何をしますか?
一般的に賃貸情報誌や不動産会社の賃貸広告、最近ではインターネットで物件を検索するなど文字による情報収集から探し始めるとことだと思います。
今回からは『賃貸情報の収集と解析』について説明していきたいと思います。
まずは賃貸情報誌やインターネットに書かれている物件情報の意味についてです。
まずは礼金や敷金についてです。
礼金とは賃貸物件に入居する時に、借主が家主に支払う一時金のひとつです。
敷金や保証金のように契約期間が終了しても返還されることはありません。
現在は賃貸住宅の供給が増えて、借り手市場ですが、昔は家主の力が強かったために発生した金銭のようです。
現在でも家賃の1~2か月分の礼金を取ることが多いが、礼金なしの賃貸住宅も増えてきています。
敷金とは借り手が家賃を滞納したり、部屋の造作を壊すなどした場合の損害賠償金の担保として家主に対して預けるお金のことです。
敷金の相場は家賃の1~3か月分が一般的です。
退去時にそれまでの滞納や修理が必要な損害を物件に与えないかぎり無利息で全額返還されるのが原則です。
次の借り手に賃貸するために部屋の改装費用を差し引いて返還する家主もいるが、常識的な使い方で経年変化している部分の改装費を借り手が負担する義務はないのです。
保証金という表示の仕方もありますが、保証金とは入居中に家賃を滞納したり、部屋を故意に改造するなどの損傷をした場合の弁償に充当するためのもので、敷金とほぼ同じような性格を持っています。
関西では、「保証金・敷引」と表示される敷引制度が慣行のようです。