Archive for 3月, 2010

賃貸情報の収集と解析(物件からの距離)

今回も賃貸情報の収集と解析についてです。
引っ越しをしようと考えて賃貸物件を探す際に○○地区で物件を探すと決めてそのエリア内の物件情報を賃貸情報誌やインターネットからかき集めるわけですが様々な情報が記載されていると思います。
集めた情報からその物件はどのあたりにあるのだろう?周辺にはどのような施設があるのだろう?生活環境はどのようになっているのだろう?と言う所に気を使うと思います。
その中で物件がどのあたりにあるかという事を確認するための情報が「△△から徒歩○分」と書かれている項目です。
まず「△△から」にあたる部分では一般的に一番近くの電車や地下鉄の駅、またはバス停が多いようです。
次に「徒歩○分」の部分について説明します。不動産広告の規定では徒歩1分=80mと決まっています。
「駅から徒歩3分」と書かれていれば80m×3分=240mという計算になります。
つまり駅から240mあたりにある物件ということになります。
と言っても240メートルがどのくらいかというのもピンと来るわけではないのですけれども。(笑)
ただし、この計算された時間には信号や横断歩道、長い階段道や道の勾配・坂道などは考慮されていません。
またお子様が通うであろう学校までの情報も書いていればお子様の歩く距離を年齢を加味して1分=40~60メートルぐらいで考えましょう。
地図上の平面的な距離から計算されていることに注意して下さい。
「徒歩○分」はだいたいの目安だととらえて実際に現地、賃貸物件の周辺を自分の足で歩いて確認することをお勧めします。