Archive for 5月, 2010

賃貸情報の収集と解析(間取り)

賃貸情報の収集と解析(間取り)
引っ越しをするための賃貸物件を探す時に一番重要視されるのが部屋の間取りについてだと思います。
賃貸情報誌やインターネット集めた情報には一般的には間取り図がついていることだと思います。
しかしその間取り図には様々な記号が書かれていたりします。
まずはその記号についていくつか説明したいと思います。
まず【LDK】という表記をみたことがあると思います。
【L】とはリビングルームの事を言います。家族団らんの中心になる居間ですね。マンションの場合はダイニングと一体になった【LD】リビングダイニングの形が多いです。
また【D】食事室・ダイニングと【K】台所が一体化した部屋を【DK】と言います。
【LDK】は10畳以上のキッチンのある部屋のことを指しています。
【DK】は約6畳以上、それ以下は【K】と表示してあることが一般的ですが、この表示法には明確な規定がありません。
規定がないので不動産会社によっては9畳でもLDK、5畳でもDKと表記している場合があります。
また畳数に関しても京間や江戸間など畳の大きさの解釈の違いもありますので自分が思っている部屋の広さのイメージと違うことも多々あるため、正確な所は実際の物件を確認するしかありません。

その他
【UB】はユニットバスのことで浴室とトイレ、洗面が一体になったもの。ワンルームタイプに多いですね。
【PS】とはパイプスペースのことで給配水や電気ケーブルなどが入っている空間です。室内に出っ張っている場合もあります。
【MB】とはメーターボックスの事で電気、ガス、水道などの検診用のメーターが入っています。玄関すぐ脇にあることが多ので【PS】と一緒になっていることもあります。
【CL】とはクローゼットの事で大きいタイプの物は、【WCL】ウォーキングクローゼットと表示されていることもあります。ウォーキングクローゼットにはパイプが付いていることもあります。