Archive for 8月, 2010

賃貸情報の収集と解析(不動産会社その2)

賃貸物件を借りる際に避けて通れないのが不動産会社ですね。
未だに不動産会社と言いとあまり良いイメージで思われていなかったりするようです。
どんな不動産会社に賃貸物件探しや申し込みを依頼するかというのも大事な事ですね。
賃貸情報誌やインターネットで物件の情報を掲載している不動産会社がどんな不動産会社なのかを知ることができるのが「宅建免許番号」です。
免許番号を見れば何年くらい不動産業を営んでいたのか分かります。
不動産会社のように不特定多数を相手に反復継続して不動産取引を行う場合には宅地建物取引業の免許を受けなければいけません。
宅建免許番号は、『東京都知事(1)○○○○○号』・『国土交通大臣(1)○○○○号』のように表記され、不動産会社が情報を発信する広告やポスティングのチラシには必ず乗せることを義務付けられています。
(1)のようにかっこの中の数字は、免許の更新回数を表しています。
宅建業免許の有効期間は5年です。
つまり(1)とあれば不動産会社をはじめて5年以内の会社、(2)とあれば5~10年目の不動産会社ということになります。
数字が大きければ大きいほどその不動産会社は長く経営を続けていて実績もあるということになりますが、「昔ながらの不動産会社が苦手だなぁ。」と思う方は数の少ない不動産会社を選ぶことも可能ですね。
また不動産の物件はどの不動産会社からでも取引ができるので気にいった不動産会社がみつかればそちらに取引をお願いすることが可能なわけです。