Archive for 2月, 2011

急ぎでもチェックしておくべき賃貸物件のポイント

急な転勤や引っ越し期間が十分に取れず慌てて賃貸物件探しをしなければいけない状況があると思います。

私も一度、2週間後から九州の佐賀へ!と急な辞令をもらったことがあり、慌てて賃貸物件を探したものでした。

しかし賃貸物件探しにおいて物件を見ないで契約することは危険以外の何物でもありません。

しかし急いで賃貸物件を探している場合には間取り図や物件情報だけをみて、また不動産会社の物件の説明だけを受けて決めてしまおうという方もいないわけではありません。

しかしそういった場合は入居後に必ずトラブルになるケースがあるので注意しておきたいことです。

どうしても急いでいる場合でも必ず実物の賃貸物件を見て最低限のチェックを行うようにしましょう。

生活をしていく上でいくつかの大切なポイントについて考えてみたいと思います。

まずは賃貸物件の中の状況についてですが壁の厚さや音の響きに注意してみましょう。

集合住宅のような物件では物音がトラブルになるケースが非常に多いようです。

私の友人の上の階の住人が大分でリフォームしているため一時的に住んでいる人で戸建ての住宅に住んでいるような感覚で生活するのでうるさいと言っていました。

他に壁や床などに汚れや傷がないかなども確認しておきましょう。

その他収納の数や大きさなども確認しておくと、特に家財が多い人の場合は引っ越したあとに荷物がうまく入りきるかどうか心肺になる所です。

次に物件の日当たりについてです。日当たりのチェックは必ず明るい内に行うようにしましょう。

南向きの物件だからと安心しても近くに高い建物があれば日中日陰になる場合もあります。

日が当たらないと当然のことながら洗濯物は乾きませんし、部屋の中の湿気も飛ばず、カビ生えやすくなります。

できるだけ日が当たる時間が長い賃貸物件を選ぶようにしましょう。