Archive for 10月, 2014

リビング収納

リビングに家族で使用する収納スペースを確保すると一階スペースがより快適で暮らしやすい家になると思います。
我が家にはまだ小さい子どもが二人います。
生活拠点は一階です。二階に子ども部屋がありますが、子ども達が二階で遊ぶことはほとんどなく衣類や幼稚園に必要なカバンや帽子など全て一階の物置に収納しています。
このことを考えるとリビング収納が充実していると今よりも格段に生活しやすくなると思います。

小学生くらいまでは親の管理の元で自分の物を自分ときちんと管理するのは難しいです。
子ども部屋にはもちろんクローゼットは必要ですが、日々使用するランドセルなど一階のリビング収納にきちんと収納することで帰宅時には自分で収納し、学校に行く時も自分で取っていくという習慣が身に付くと思います。
いつも使用する上着を二階のクローゼットまで取りに行くのが面倒と感じることはありませんか。
一階のリビング収納があればいつも使用する上着やいつも持ち歩くカバンをきちんと収納することができればリビングの床やソファ、ダイニングテーブルにカバンや上着を置いたままで邪魔に感じることもなくなることでしょう。

急な来客者が来てもリビング収納があればサッと必要ない物を片付けることができるので便利だと思います。
リビングは意外と収納する場所がありません。
後から棚を設けたりチェストを置くと空間に圧迫感を与え、スッキリリビングからごちゃごちゃリビングへとなってしまいがちです。
リビングの広さを考える時には収納スペースを事前に考えておくことで広々と開放感のあるリビングへとなるのです。
リビングは家族が長時間共に過ごす場所なだけに快適で心地よい空間が得られるようにしたいものです。

スタディーコーナー

最近ではリビングの一角や二階のホール部分などにちょっとしたスタディーコーナーを設けるスタイルが人気を高めています。
私もキッチン近くに自分だけの特別な空間となるスタディーコーナーを設けたいなと思っています。
キッチン近くに設ける理由としてはキッチンで過ごす時間が長いので家事や料理の合間にサッと休憩できるからです。
またキッチン近くにすることで子ども達が成長し宿題をする際にこのスペースを使えば、忙しい夕飯準備の時間帯でも料理をしながら子どもの宿題をチェックできます。
ここにパソコンをおいて、趣味のネットショッピングをしたり、パソコンでレシピ検索をして料理をより楽しむこともできるのです。

自分だけの空間を持ち、自分だけの時間を過ごすことができればよりマイホームを楽しむことが出来るのです。
収納するスペースやディスプレイ棚を同じ空間に設け自分好みの空間を演出すればそこで過ごす時間をより盛り上げてくれることでしょう。
私は空間に圧迫感を与えないニッチ棚を設けたいと思っています。
本を並べたり、家族の写真やお気に入りの雑貨を飾りたいと思います。
ニッチ棚にもスタディーコーナーにも照明を設けると夜でもこのスペースを楽しむことができ、インテリアを引き立たせてくれるのです。

二階ホールにパパの書斎を兼ねたプライベート空間も造ることができればなとも思っています。
家族で共に過ごす時間も大切ですが、時にはホッと一人で寛げる空間があるといいものです。マイホームにぜひこのスタディーコーナーを設けたいと思います。

二階にトイレを設けるかどうか

新築住宅購入を考えている我が家は最近住宅雑誌を眺めたり、住宅展示場を見に行ったりしてマイホームへの憧れをより現実的に考えるようになりました。
間取りを考えている際に夫婦で悩み始めたことがあります。
それは二階にトイレを設けるかどうかということです。
二階にトイレを設けることで二階で過ごす時間、動線短くトイレまで行け便利さを感じることは確かです。
しかしトイレを二階に設けることでトイレ掃除の手間が倍になります。
また配管工事も必要となり工事費もかかります。
もちろん設置費用がかかるだけでなく、電気代、水道代とランニングコストもかかります。

私の両親はもうすぐ還暦を迎えます。
還暦を目前に二階にある寝室からトイレまでの移動が意外と大変で面倒という話をしていました。
年を重ねるにつれ階段の上り下りは面倒で、できれば階段なく移動したいと感じるようになるのです。
この話を聞くと二階にトイレを設ける方が、夜中でもスムーズにトイレに行けるので階段での転倒事故の恐れもなく安心できるのです。
また二階にもトイレを設け友人に話を聞いてみると、来客者がいる場合トイレに行くタイミングが意外と困りますが、二階にもトイレがあれば気にせずに行きたい時にトイレに行けるのでそこが良かったと話していました。

私の友人は二階にはトイレを設けるが洗面台を設けるかどうかで悩んでいる人がいました。
家族が多く、子どもが成長すれば身支度に時間がかかり、洗面台が一つでは取り合いになってしまいます。
それを回避するために洗面台も同時に設けようか悩んでいました。
便利さの隣にはコストやお掃除の手間がかかることを頭に入れ、本当に必要かどうか見極め設置したいと思います。