Archive for 4月, 2016

広さに余裕のある洗面室

洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし最近では、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が求められるようになってきました。その理由は、家族みんなの使用頻度が高いことです。生活をする上で欠かせない空間でもある上に、洗濯機を設置することから家事を行う空間でもあるからです。LDKを重視するのと同じように洗面室を重視する人が増えているのです。

広さに余裕のある洗面室にすると、まず大きな洗面台を設置できます。大きな洗面台があれば、家族が二人並んで歯磨きをしたり、身支度を円滑に行えるようになるのです。朝の身支度を行う時間帯は洗面室が混むことが多いです。大きさのある洗面台を設置すればこの身支度を自分のペースで進められやすく、朝の時間を有効的に使用できるのです。

また入浴の前後でも使用する空間でもあるので、家族の下着やパジャマなどこの洗面室に収納しておきたいものです。ここにこれらの物が管理されていることで、入浴前の事前準備が格段にしやすくなります。また服を脱いだり、来たりと動作も多いので動きやすい広さのスペースもあるといいでしょう。

洗面室はいろいろな用途で使用されるため、物も自然と増えていきます。お化粧品や洗濯関連用品、タオル類、シャンプーや歯磨き粉などのストック品など洗面室で必要な物を全て洗面室で管理できるように収納スペースにも充実させたいものです。また洗濯機を設置することから、ここを室内用の洗濯物干し場として利用させれば家事の効率も高まります。衣類をここに干してもその他の作業が行いやすければ洗面室の便利さは高まります。広さに余裕を持たせ使いやすい空間にしましょう。