Archive for 6月, 2016

シューズクロークからの動線

玄関の隣にシューズクロークを設けるのは、最近では当たり前のようになっています。玄関は住宅の顔とも言われる部分です。家族が毎日出入りするのはもちろんのこと、家に来たお客様が第一印象を決める重要な空間であるだけに、スッキリと清潔感が得られ快適性の高い空間にしたいものです。それを実現するためにもシューズクロークの存在は絶大です。

我が家にも玄関横にシューズクロークを設けました。玄関スペースよりもこのシューズクロークの収納力の方が重視したほどです。シューズクロークと言っても、傘や家族の靴を大容量に収納しておく場として捉えるのではなく、外で使用する物をサッと片づけられる土間収納もあると便利なのです。玄関部分やポーチ部分には外で使用した、子どものおもちゃやスポーツ用品、ベビーカーに旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなどつい置きっぱなしになるものが多いです。これらのものが玄関内やポーチ部分に散らかることで玄関の印象を台無しにしてしまうのです。この問題を避けるためにも土間収納は有効なのです。

靴だけではなく外で使用した物までもしっかりと収納できるシューズクロークからの動線にも注目しました。我が家はこのシューズクロークから室内への動線を確保したことで、ここで靴や物を収納し、そのままスムーズに室内へ入ることができるのです。スムーズな動線を得ることで、子どもでも自分が履いていた靴や外で使った物をきちんとここに片付けてから家へ入るように習慣が身に付けやすくなるのです。

通常は行き止まりになっていますが、靴や物をしまって、また玄関から入るのでは面倒と感じやすくなってしまいがちです。子どもでも物を管理しやすいように動線を確保したのです。この動線を確保したことで、メインの玄関には靴や物が散らかりにくく、スッキリとキレイな玄関が広がるようになりました。シューズクロークからの動線にも配慮してシューズクロークを設けてみてほしいと思います。