Archive for 4月, 2017

サンルームのある暮らし

サンルームとは、壁や屋根、扉などをガラス張りにして太陽の日差しをたっぷりと採りこめるようにした部屋のことを言います。室内では得られない、自然との一体感や明るさから開放感あふれる空間が広がるのです。我が家はリビングに隣接してサンルームを設けました。リビングとサンルームの境には段差を設けずフラットに繋げています。

段差がないことで小さい子どもから高齢者まで安心して行き来が行えますし、行き来のスムーズさから近寄りやすく、いつまでも利用し続けたいと感じられる空間が広がるのです。我が家のサンルームの上には同じサイズの二階バルコニーが設けられており、これが屋根代わりとなってくれています。前面や側面には紫外線をカットしてくれながらも、明るさはしっかりと通してくれるパネル扉を設けています。

片側の側面はリビングの先に設けた和室から行き来ができるようになっているため窓ガラスが設けられています。パネル扉は天候に合わせて自由に開閉できます。晴天時には扉を開け放ち庭との一体感を高め、暖かい日差しをたっぷりと浴び、心地よい風を肌で感じ、自然との一体感を感じられるサンルームが広がります。

気温や天候に合わせて、側面だけオープンにしたり、全面の扉の半分だけオープンにしたり、フルクローズにして利用したりといろいろなシーンで最適の空間を作り出すことができています。室内の空間では味わうことができない開放感いっぱいのサンルームは、食事をするのもお茶をするのも、読書をするのも一味違った時間が流れるのです。