広々洗面室

私の周りにも新築住宅を購入する人が多いです。新築住宅を見る機会が多い私は、友人達の家を見て感じることは、洗面室が広いということです。洗面室の一般的な広さは今までは1坪と言われていました。しかし友人宅の洗面室は1.5坪~2坪の広さがあり、洗面室がより使いやすい空間となっていたのです。

広さに余裕のある洗面室が求められるのは、洗面室を家族みんなが一日頻回に渡って使用するからです。手洗いをするのはもちろん、歯磨きをしたり、ヘアセットやお化粧、髭剃りなど身だしなみを整えたり、入浴の前後や洗濯機を設置することから家事を行う場でもあるのです。いろいろな目的で使用される洗面室であるだけに広さに余裕があるとより使いやすい空間が広がるのです。

例えば大きさのある広い洗面台を設置することができます。家族が二人ならんでもゆったりと身支度ができるようになれば、朝の身支度で追われる時間帯でもスムーズに身支度が行えます。朝の洗面室の取り合いの状態を避けられるのです。またいろいろな用途で使用される洗面室には、収納しておきたいものも集まるものです。広さに余裕があると、これらをきちんと収納できるスペースを確保できます。

タオル類はもちろん、家族の下着やパジャマも洗面室に収められておくと入浴前の事前準備も楽です。洗濯機があるので洗濯関連用品を収納したり、シャンプーの在庫などこれらの物をきちんと管理できる収納スペースがあると助かります。必要なものがしっかりと収納できるスペースを確保しておきましょう。また服を脱いだり、着たりと動作も多い空間だけに広さがあると着替えもスムーズに行えます。洗面室の広さは必須なのかもしれません。

Comments are closed.