ヒートショックを防ごう

昔から「年寄りに一番風呂は良くない」と言われています。暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックと呼ばれるものです。このヒートショックで年間14000人の人が亡くなっていると言われています。浴室での高齢者の事故を防ぐためには、浴室を寒くしないことが大切なのです。これからの寒い時期は特に気をつけなければならないのです。

一番風呂でも浴室を暖かくするときに活躍するのが浴室換気暖房乾燥機です。この予備暖房機能を使用すれば、浴室の入浴時のひんやり感を緩和してくれ、入浴前に浴室を暖めておいてくれるのです。これなら一番風呂でもヒヤッと冷たい印象がなくなり、ヒートショックを防ぐことができるのです。これには、浴室をすばやく換気してくれる機能がありますし、衣類乾燥機能もあります。この衣類乾燥機能は主婦にとって大きな機能です。冬期や梅雨時期、屋外に洗濯物を干せない場合があります。このような時でも浴室の遊休時間を利用して衣類を乾かすことができるのです。洗濯物がしわになりにくく、花粉やホコリも付かないので清潔に乾燥できるのです。

ヒートショック対策にも家事のお助け役にも役立つのです。最近のユニットバスは、全体を断熱材でスッポリと覆う構造になっています。断熱材を壁、天井、床と浴室全体に張り巡らせることで、魔法瓶のように熱の出入りを防げるのです。特に熱の逃げやすい窓の部分には特殊なガラスを採用して暖かさを逃さないように対策しておきたいものです。

Comments are closed.