小上がりの和室

最近では視界を遮ってしまう間仕切りをできるだけ設けず、一体感のあるLDKが設けられることが多いです。このLDKに隣接する形で和室が設けられる間取りも人気となっています。このような間取りにすることで廊下スペースが必要なくなります。今までは当たり前のように設けられていた廊下ですが、最近では廊下がデッドスペースとして考えられるようになってきました。

廊下を設けないことで、空間を広々と確保することができ空間を有効活用しやすくなるのです。和室にまで視線が繋がることでリビングにより広さや開放感を与えることができますし、キッチンで家事をしながらも和室にまで目線が行き届くことで子どもが遊んでいる様子や昼寝をしている様子をしっかりと確認できるので、安心して家事を行うことができるのです。しかし、洋風のLDKと畳の和室が隣接するため空間のメリハリも大事にしたいものです。

そこで和室に高さを設けて小上がりにすることで横のつながりをしっかりと確保しながらも、床に高低差があることで空間に立体感が生まれ、建具で区切っていなくても空間のメリハリが得られるのです。和室に高さを設けることで畳下にはデッドスペースが生まれます。ここに引き出し収納を設け、和室で使用する座布団やお昼寝用グッツ、子ども達のおもちゃなど収納しておくには最適のスペースとなります。

また、和室という風情を出すには和室の中央を掘り込み、冬は掘りコタツとして利用できるようにするのもいいと思います。住宅の洋風化が進み、和室が数を少なくしていますが、「今」に合った和の空間を取り入れたり、昔ならではの風情のある和室を設けたり和の空間を楽しみたいものです。

Comments are closed.