アパートとマンションの違い(特長編)

物件の呼び名は不動産会社によってアパートとしているかマンションとしているかは変わってきます。
明らかに木造2階建てであればアパート、5階建てでエレベータもついている物件ならマンションと誰もが言うと思います。
しかし明確な規定はありません。
一般的に物件の特徴で分類されるわけですが、今回は『アパートとマンションの違いについての特徴』についてくわしく取り上げていきたいと思います。
まずはアパートの特徴から基本的に2階建てで木造建てや軽量鉄骨などの準耐火構造の物件が多い。エレベータはなく管理人もいない場合が多いため管理費が安い傾向です。また建築費を抑えて建てられているためマンションよりも賃料は安めです。
次にマンションの特徴ですが鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造で高層住宅であることが多いです。
また遮音性が高く、エレベータがついていたり管理人がいる場合もあります。また建築費もかかるので賃料や管理費はアパートより高い傾向にあります。
ここまで説明した特徴はあくまでも一般的なものですが、最近では高級感があふれていたり音が響きにくいアパートなども数が増えてきました。
また設備についても初期設備としてエアコンが付いていたり、IHクッキングヒーターが設置されているなど最近のアパートは設備やデザインも工夫されているようです。
ユーザー側の希望・要望を取り入れていかないと物件を建てるだけでは借りてもらえないという貸主側も努力や勉強をしているのでしょう。

Comments are closed.