Posts Tagged ‘き’

希望条件を考える

アパートやマンションなどの不動産賃貸物件を探す際に大切なのは住みたい物件の希望条件を整理しておくことです。
私の友人は大分の中古マンションを購入したのですが、初めは新築を探していたそうです。
希望条件を整理することで中古でも問題ないということがわかってよかったと言っていました。
また整理した希望条件の中から絶対的に必要な条件については優先順位をつけておくことが大切な事です。
希望条件を上げていくと例えば
「月々支払う家賃が低いこと」
「部屋の間取りは2DK以上」
「バス(風呂)とトイレは絶対別」
「一階は不可」
「駐車場が2台分必要」
「エアコン付き」
「スーパーやコンビニが歩いて5分の所」
「駅やバス停の近くの物件」
「ベランダ付き」
「3点給湯(キッチン・洗面台・風呂)」
「収納が多い」
「全室フローリング」etc・・・。
言い出せば切りがないほど物件に求める希望条件は出てくると思います。
また上記以外にも「ペット可の物件」「楽器演奏可」などの特殊な条件を加えると非常に物件探しは難しくなってくると思います。
希望条件を全て並べてしまうと不動産会社の営業マンも苦笑い・・・。
そうならないためには先に行った希望条件の優先順位を決めましょう。
これとこれだけは外せないという条件が決まっていればいくつかの物件選択肢が出てくるのでそれらの物件を案内してもらい総合的にどの物件が一番理想に近いかということを考えましょう。
完全に理想をかなえる物件というのはそうそう見つけられることはないと思います。
昔から「住めば都」ということがあるように住んでいく中で満足してくることもあります。
言い方を変えれば妥協というのかもしれませんが。
1月から3月は繁忙期と呼ばれる不動産会社が忙しくなる時期なのでその時期に賃貸探しをする場合にはすぐに判断ができるように希望条件を整えておきましょう。

賃貸情報の収集と解析(物件からの距離)

今回も賃貸情報の収集と解析についてです。
引っ越しをしようと考えて賃貸物件を探す際に○○地区で物件を探すと決めてそのエリア内の物件情報を賃貸情報誌やインターネットからかき集めるわけですが様々な情報が記載されていると思います。
集めた情報からその物件はどのあたりにあるのだろう?周辺にはどのような施設があるのだろう?生活環境はどのようになっているのだろう?と言う所に気を使うと思います。
その中で物件がどのあたりにあるかという事を確認するための情報が「△△から徒歩○分」と書かれている項目です。
まず「△△から」にあたる部分では一般的に一番近くの電車や地下鉄の駅、またはバス停が多いようです。
次に「徒歩○分」の部分について説明します。不動産広告の規定では徒歩1分=80mと決まっています。
「駅から徒歩3分」と書かれていれば80m×3分=240mという計算になります。
つまり駅から240mあたりにある物件ということになります。
と言っても240メートルがどのくらいかというのもピンと来るわけではないのですけれども。(笑)
ただし、この計算された時間には信号や横断歩道、長い階段道や道の勾配・坂道などは考慮されていません。
またお子様が通うであろう学校までの情報も書いていればお子様の歩く距離を年齢を加味して1分=40~60メートルぐらいで考えましょう。
地図上の平面的な距離から計算されていることに注意して下さい。
「徒歩○分」はだいたいの目安だととらえて実際に現地、賃貸物件の周辺を自分の足で歩いて確認することをお勧めします。