Posts Tagged ‘た’

震災と賃貸物件

東日本大震災の発生から約一カ月が経とうとしています。
被災されて方に心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
震災発生から約一カ月経過するなかで被災地では急ピッチでの仮設住宅の建設が進んでいます。
被災地周辺の地域での賃貸物件は現状ではほぼ満室状態のようで紹介できる賃貸物件も物件もないようですが、
営業をしている不動産会社の電話は鳴りっぱなしという話も聞きます。
大分の土地にも被災された方が来ているとニュースで見ました。
本来ならば3月、4月は大学生や新社会人、また春の人事異動のため賃貸物件の動きが活発な『繁忙期』と言われる時期なのですが、
今年に関してはその様相はかなり違ってしまいました。
それでも数の限りある賃貸物件なので、賃貸物件が借りられなかった方が多く県や市区町村によっては
これから建てる仮設住宅の棟数を増加させなければいけないという状況のようです。
現在の避難所ではつい立一つで多くの家族が生活しているわけですが、やはり気になるのがプライバシーの問題です。
トイレにしても体育館や公民館の共同仕様になっているわけですから精神的に疲れると思いますので一日も早く仮設住宅の建設が進み、
個人や各家族のプライバシーが守られることを願う所です。
賃貸物件ではよく騒音などで隣室や上下の階で苦情が発生することがありますが、被災地ではそうも言ってられないわけです。
一人ひとりの心がけや気配りが何気ない普段の賃貸生活の中で養われることが求められる所ではないでしょうか。

賃貸情報の収集と解析(テラスハウスとタウンハウス)

引っ越しを考えて賃貸物件の情報を収集していく中で、物件の種別がアパートやマンションと書かれていればどのような物件か想像できると思います。
しかし中にはテラスハウスやタウンハウスと書かれている物があったりします。
今回の賃貸情報の収集と解析はテラスハウスとタウンハウスについて説明していきましょう。
テラスハウス・タウンハウスのどちらも連棟式の低層住宅です。
一般的には2階建てが多いようです。違いというのはその建物が建っている敷地の所有形態によって名称が違うわけです。

テラスハウスとは複数の建物が連続してつながっている連棟式の長屋建ての住宅で戸境壁を共用している分だけ一戸建てよりも効率的に建築できるが、土地の所有形態は一戸建てと同じように独立した所有権になっています。
各住戸の敷地や庭は各住戸が単独で所有していることになっているのでマンションよりも一戸建てに近い感覚です。

タウンハウスとは連棟式の低層集合住宅のことで。
テラスハウスのような区画された専用庭を持たず、10~20戸のグループごとに建物に囲まれた共同空間を共有する状態です。
一戸建てと同じような独立性を持ちながら、建物を計画的に配置することで、共用庭などの緑豊かなスペースを持つことができる新しいタイプの住宅形式といわれる。
所有形態は分譲マンションに近い感覚です。
コモンスペースの維持管理も、管理組合によって行われるのが一般的です。

敷地を単独か共有するのかで異なります。最近ではテラスハウスのほうが主流のようです。
連棟式の低層住宅を借りる場合にはその敷地の賃貸借がどういった形式なのかを確認しておきましょう。