Posts Tagged ‘キッチン’

キッチンスタイル

最近のキッチンの傾向として、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業を手伝いやすくなります。オープンキッチンと言っても形は様々です。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプもあれば、部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があるのです。

今まではリビングに背を向けていたのが、家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを大事にできるようになるのです。このオープンキッチンのデメリットを挙げるならば、常にきれいなキッチンで魅せるキッチンであることを求められることです。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の片付いていないキッチンもダイニングやリビングから丸見えになってしまいます。このような時は見た目にいいものではありませんし、片付けが苦手な人にはあまり向いていないキッチンスタイルとも言えるでしょう。

このデメリットをカバーしてくれるのがキッチンの前に腰壁を設けて手元部分をしっかりと隠せるセミオープンタイプのキッチンです。これならリビングとの繋がりや一体感はそのままに、雑多になりがちな手元部分はしっかりと隠せます。我が家はこのキッチンスタイルにしました。腰壁を設けたことでカウンターを設けたり、この壁の厚みを利用してニッチを設けることもできました。キッチンスタイルでキッチンの印象が大きく変わってくるので、自分に合ったものを選びましょう。

キッチンカウンター

キッチンスタイルが多様化する中、我が家の新築住宅にはどのようなキッチンにするか非常に悩みました。キッチンは女の城とも言われます。主婦である私は一日の大半をキッチンで過ごすのでそれだけキッチンを重視しています。

我が家はLDKの一体感を大事にしたかったので対面式のオープンキッチンにしました。しかしオープンキッチンの最大のデメリットはきれいな時も汚れている時も見られるということです。きれいな時はいいのですが、調理中や調理後の汚れた状態のキッチンは見られたくないものです。またこのような状態の時にお客様が来れば、見られたくない気持ちも高まりスムーズな対応ができません。

そこでキッチンの前に造作カウンターを設けます。こうすることで手元部分をしっかり隠せるので、汚れたキッチンをダイニングやリビングから見られることはありません。そして軽食を取ったり、お茶をするのに最適なカウンターを設けます。このカウンターがあることでキッチンをカフェ風にすることもでき、ママ友が遊びに来た時にも重宝すると思います。家事の合間に休憩する場所として、バタバタする朝食時には調理したものをサッと配膳できるので朝食を食べるスペースとしても便利です。

ここにコンセントを設けておけば携帯を充電する場所として、またここでパソコンを使用する時にも便利です。このようなカウンターがあるだけで家族がキッチンに集まりキッチンが中心となる家にもなります。ここに設ける照明はデザイン性の高いペンダントライトやオシャレな雑貨を飾るだけでカフェ風気分を高めることができます。家事のしやすさと同時にデザイン性にもこだわりたいですね。

スッキリとしたキッチン

私は専業主婦なので一日の大半をキッチンで過ごします。
キッチンで過ごす時間が長いので新築住宅のキッチンは居心地のいいキッチンにしたいと思っています。
居心地のいいキッチンにするにはごちゃごちゃした印象をなくし、物をしっかりと収納できるようにすることが大事だと思います。
天井から床まで抜群の収納力をもつカップボードにしたいと考えています。

このカップボードには炊飯器や電子レンジまでも収納できるようにしようと思っています。
炊飯器や電子レンジはキッチンに欠かせない家電です。
しかしそれらは生活感を出す家電でもあるのでそれらをお皿などと一緒にカップボードに収納してしまうことでキッチンをスッキリと、そして生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンへなるのです。
一面にすりガラスのドアを付けキッチンに開放感を与える演出も素敵だなと考えています。

幼稚園のママ友が遊びに来る機会も多いです。
生活感を全く感じさせないキッチンであれば気兼ねなくお招きすることができると思います。
キッチン一面にこの床から天井までの収納スペースがあれば別にパントリーを設けなくてもカップボード内に食品をしっかりと収納できるのです。
カップボード内の棚を収納する物に合わせて自由に高さを変えられるようにしておけば整理もしやすくなります。
カップボード内で炊飯器やポットを使用することを考え熱の逃げ道をしっかり作っておくことも忘れてはいけません。
カップボードの奥に窓を設けるのもいいですし、炊飯器やポットの位置は前にスライドして出してしようできるようにするのもいいと思います。
スッキリとしたキッチンを目指して最高のキッチンにしたいです。

物件巡り②~キッチンスペースに奇妙なカーテン~

2番目に連れて行ってもらったのは、2階建のアパート。入口に何台もの自転車が止めてあり、学生さんも多く住んでいるようなアパートでした。

希望だった2階の部屋が空いていたので見せてみらいました。これも1DKのタイプでした。築年数も結構経過しているように思えましたが、1番目に見たアパートがあまりに汚かったせいかここのアパートはものすごく綺麗に見えました。

部屋はフローリングタイプ。場所としては会社までは歩きでは行けない距離で電車を使うような形。駅までは徒歩20分ぐらいの場所のようでした。南向きで日当たりもよく、2月頃物件巡りをしたのですが、その日も太陽の光だけで暖かく感じました。ここ結構いいかもと思った矢先、キッチンのところになぜかカーテンが掛った場所が。『これは何ですか?』と聞くと、『これ電気温水器です』と。カーテンをめくるとキッチンスペースに、電気温水器の本体がドーンと置かれていたのでした。何で外ではなく中にこんな大きな電気温水器を置くことになったのか疑問でした。聞いたところよくなぜかはわからないとのことでした。キッチンスペースが元々広くないにも関わらずこの電気温水器がある為、さすがにこれは邪魔になるだろうと思いました。

そして、お風呂とトイレはこの物件は別ではなく、ユニットバスタイプでした。家賃を聞くと希望よりも少しだけ高いタイプでした。どうしても電気温水器の件とユニットバスであることが気にかかり、ほかの物件をまた見せてもらうことにしました。