Posts Tagged ‘和室’

和室の活用方法

今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが主流でした。客間として利用したり、宿泊ルームとして利用できたり、床の間のある和室は日本の住宅を代表するスペースの一つでもありました。しかし、住宅の洋風化が進み和室のあり方も大きく変わりつつあるのです。

最近では独立型の和室ではなく、リビング延長型の和室が設けられることが主流となりつつあるのです。リビングを広々と確保し、その一角を畳スペースとして利用する家庭もありますし、和室とリビングの境には建具を設けずオープンにしている家庭も多いです。我が家はリビングの延長上に和室を設けました。普段は建具を開けっ放しにして、いざという時は建具で仕切って個室としても利用できるようにしました。一体感のあるLDKに隣接する和室は、リビングの延長として多目的に利用しやすい空間が広がっています。

和室からはリビングの先に設けたウッドデッキへも行き来ができますし、玄関から直接和室へ行ける動線も確保しました。玄関から和室、和室からリビング、リビングから玄関と回遊型動線にしたことで、和室の利用方法の幅が広がっています。普段は、子ども達の遊ぶスペースや昼寝スペース、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをする家事スペースとして利用していますが、いざという時は客間として利用できるのです。

客間として利用する場合は、和室との建具で仕切ってしまえば、生活感あふれるリビングを見られることなく、玄関から直接和室へ案内できます。家族も通常通りリビングで過ごすことができるのです。和室をどのように利用させたいかをしっかりと考え、間取りや広さ、動線に配慮しましょう。