Posts Tagged ‘浴室’

ヒートショックを防ごう

昔から「年寄りに一番風呂は良くない」と言われています。暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックと呼ばれるものです。このヒートショックで年間14000人の人が亡くなっていると言われています。浴室での高齢者の事故を防ぐためには、浴室を寒くしないことが大切なのです。これからの寒い時期は特に気をつけなければならないのです。

一番風呂でも浴室を暖かくするときに活躍するのが浴室換気暖房乾燥機です。この予備暖房機能を使用すれば、浴室の入浴時のひんやり感を緩和してくれ、入浴前に浴室を暖めておいてくれるのです。これなら一番風呂でもヒヤッと冷たい印象がなくなり、ヒートショックを防ぐことができるのです。これには、浴室をすばやく換気してくれる機能がありますし、衣類乾燥機能もあります。この衣類乾燥機能は主婦にとって大きな機能です。冬期や梅雨時期、屋外に洗濯物を干せない場合があります。このような時でも浴室の遊休時間を利用して衣類を乾かすことができるのです。洗濯物がしわになりにくく、花粉やホコリも付かないので清潔に乾燥できるのです。

ヒートショック対策にも家事のお助け役にも役立つのです。最近のユニットバスは、全体を断熱材でスッポリと覆う構造になっています。断熱材を壁、天井、床と浴室全体に張り巡らせることで、魔法瓶のように熱の出入りを防げるのです。特に熱の逃げやすい窓の部分には特殊なガラスを採用して暖かさを逃さないように対策しておきたいものです。

浴室換気暖房乾燥機

浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置することで、浴室の快適性を高めることができます。それだけでなく、家事への負担も軽減できるのです。これは1台で4役を果たしてくれます。
まず暖房機能です。寒い冬はお風呂に入るのが面倒と感じるものです。特に一番風呂は寒くて入りたくありません。しかしこの暖房機能を活用し、入浴前にスイッチを入れておけば、高速温風が浴室をすぐに温めてくれます。このような機能があれば冬でも快適に入浴タイムを楽しめます。

また高齢者にとって冬の入浴には危険が潜んでいます。住宅内の温度差でヒートショックを引き起こし、命を落としてしまう人もいます。浴室の暖房機能を活用し温度差を少なくして安全性の高い浴室にしたいものです。
蒸し暑い夏場は涼風機能を使い、扇風機代わりにします。快適な浴室になります。そして家事への負担を軽減してくれる衣類乾燥。屋外に洗濯物を干せないということは多いです。梅雨時期は衣類が乾かず、干し場に困ることもあります。花粉飛散時や大気汚染物質が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じてしまいます。

しかし洗濯は毎日行う家事の一つだけに、きちんと洗濯物が乾く環境を整えておきたいものです。この衣類乾燥を活用すれば衣類をしっかり乾かし、シワになりにくいのです。
そして換気機能を活用しお風呂のジメジメを防ぎ、カビや水垢がつきにくい環境にしたいものです。これを設置することでこれらの機能に充実しているので浴室に設置する人が増えています。快適な浴室にするにも、家事へのストレスを感じることを少なくするためにもこれがあると便利ですね。