Posts Tagged ‘玄関’

玄関ホール

住まいを新築する時、電気配線をかんがえていくのは、設計段階で、かなり早い時期です。住まいの室内配線は、LDKや水回りやプライベートルームの居住スペースだけでなく、階段や廊下など移動のためのスペースについても考えていきます。動線の電気配線は、移動の時の安全確保のための照明だけでなく、掃除するためのコンセントもあれば、便利です。

また、最近は、収納についても、家具などでなく、収納するためのスペースとして考えるようになりました。そのスペースにも、電気配線を考えなければいけません。

私の姉が住まいを新築した時、限られたスペースをできるだけすっきりとしたいと思いました。収納は、作り付けにするか、スペースを確保しましたので、居住スペースが広々としました。居住スペースや移動スペースの電気配線については、いろいろ考えていきましたが、収納スペースにいては、あまり考えませんでした。特に、玄関ポーチの一部を間仕切りして、憧れのシューズインクロゼットを作りましたが、完全に間仕切りしていないので、玄関の照明で十分だと思い込んでいて、改めて、電気配線を考えませんでした。

コンセントについても、収納ということで、問題はないと思っていました。しかし、夜遅く帰宅した時や天気の悪い時は、どうしても、明るさが十分ではありませんでした。また、梅雨や秋雨だけでなく、雪の日などは、夜に乾燥機を稼働させておくと、翌朝には、傘や靴やコートなどがすっかり乾きます。そのためにも、電気配線をし、コンセントを設置しておけばよかったと思いました。

今は、乾かしたい時だけ、玄関ホールに設置したコンセントから延長コードで電源を確保しています。夜遅く、帰宅した時に、その延長コードに引っかかることもあります。収納スペースについての電気配線についても、よく考えればよかったと思いました。

シューズクロークからの動線

玄関の隣にシューズクロークを設けるのは、最近では当たり前のようになっています。玄関は住宅の顔とも言われる部分です。家族が毎日出入りするのはもちろんのこと、家に来たお客様が第一印象を決める重要な空間であるだけに、スッキリと清潔感が得られ快適性の高い空間にしたいものです。それを実現するためにもシューズクロークの存在は絶大です。

我が家にも玄関横にシューズクロークを設けました。玄関スペースよりもこのシューズクロークの収納力の方が重視したほどです。シューズクロークと言っても、傘や家族の靴を大容量に収納しておく場として捉えるのではなく、外で使用する物をサッと片づけられる土間収納もあると便利なのです。玄関部分やポーチ部分には外で使用した、子どものおもちゃやスポーツ用品、ベビーカーに旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなどつい置きっぱなしになるものが多いです。これらのものが玄関内やポーチ部分に散らかることで玄関の印象を台無しにしてしまうのです。この問題を避けるためにも土間収納は有効なのです。

靴だけではなく外で使用した物までもしっかりと収納できるシューズクロークからの動線にも注目しました。我が家はこのシューズクロークから室内への動線を確保したことで、ここで靴や物を収納し、そのままスムーズに室内へ入ることができるのです。スムーズな動線を得ることで、子どもでも自分が履いていた靴や外で使った物をきちんとここに片付けてから家へ入るように習慣が身に付けやすくなるのです。

通常は行き止まりになっていますが、靴や物をしまって、また玄関から入るのでは面倒と感じやすくなってしまいがちです。子どもでも物を管理しやすいように動線を確保したのです。この動線を確保したことで、メインの玄関には靴や物が散らかりにくく、スッキリとキレイな玄関が広がるようになりました。シューズクロークからの動線にも配慮してシューズクロークを設けてみてほしいと思います。

住まいの第一印象

住宅の第一印象を決める部分は玄関です。この玄関スペースは靴が散らかるのを防ぎ、不意に訪れるお客様にもしっかりと対応できるようにしておきたいものです。

玄関の快適性を保つためにはシューズクロークを設けましょう。家族みんなの靴を大容量に収納しておけるシューズクロークがあると便利です。靴と言ってもブーツや長靴など高さのあるものもあります。収納するもののサイズに合わせて収納棚を自由に変えられるようにしておきましょう。そうすることでデッドスペースが生まれにくく、空間を有効活用できるのです。

また外で使用するベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味のゴルフ用品、車の洗車用品、子ども用のおもちゃなどまできちんと収納しておけるシューズクロークであれば玄関スペースや玄関周りが片付きます。これらのものが玄関部分や玄関ポーチ部分に置きっぱなしになっている家庭も多いと思いますが、これらがあることで住宅の第一印象も悪くなってしまいます。物を片付けられスッキリとした空間となるように、収納力のあるシューズクロークを設けましょう。

そしてここに上着を一時置きできるスペースも確保しておくとより便利さを高められるシューズクロークとなります。ここに上着を一時置きしておけば、リビングで上着を脱ぎ、ソファの上に置きっぱなしになることも減るでしょう。また外出の際も二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに、きれいでスッキリと最高のおもてなしができる空間にしておきたいものです。

二つの玄関

我が家は新築住宅を建てることを決め現在間取りを考えています。
注文住宅で自分の理想とする家により近づけるためにこだわりを持って住宅造りに取り組んでいます。

こだわりの一つとも言えるのが玄関を二つ設けることです。
玄関を家族用とお客様用と分けることで家族にとっては使いやすい玄関となり、お客様にとってはきれいで不快感を与えることのない玄関にすることができると思います。

旦那さんや子ども達が帰ってくると脱ぎっぱなしの靴が散らかり、その光景を見るとついついイラッとしてしまいます。
脱ぎっぱなしにして靴をきちんと管理しない理由として靴箱が小さく靴がぎゅうぎゅうに入っているので出し入れがしにくいことが挙げられます。

家族用玄関の方には天井近くにまで広がるシューズクロークを設けて子ども達でも自分の靴を取り出し、また脱いだらきちんとなおせるようにしたいと思っています。
靴を大容量に出し入れしやすく収納できることで自分の靴を自分できちんと管理する習慣が身に付くと思います。
玄関を見て散らかった靴を見ることもなくなるでしょうし、お客様用の玄関は常にお客様に対応できるスッキリときれいな玄関に仕上げることができるのです。

玄関に靴が散らかっている時に限って宅急便の人が来たりするものです。急な場合でもすぐに対応できる玄関でありたいと思っています。

家族用玄関には外で使用する子どものベビーカーや三輪車などもきちんと収納できる土間収納スペースも確保しておきたいと思います。

住宅の顔とも言える玄関を満足できる空間にしておくことで住宅全体の満足度も高まることと思います。

シューズクローク

私の友人達の中でも新築住宅を購入する人が増えてきました。
私も新築住宅へ遊びに行く機会が以前より多くなり、次第に私も憧れのマイホームを手に入れたいと強く感じるようになりました。
新築住宅を購入した友人達からアドバイスを受ける中で、一番勧められるのがシューズクロークを設けることです。

確かに勧めるだけのことはあり、便利で住宅の顔である玄関がスッキリするのは大変魅力的です。
玄関横に設けられるシューズクロークは靴や傘など収納するのはもちろんのこと、普段使用する上着や掛けて収納しておいたり、ベビーカーや子どもの三輪車、旦那さんの趣味のゴルフ用品を収納しておくスペースとして活用できるようにすることで玄関口が散らかることを防ぎ、外出時には取り出しやすく帰宅時スムーズに収納しやすくなるのです。

ベビーカーや三輪車など外に置いておくのでは盗難の恐れもありますし、雨や強い日差しにさらされ劣化も進みます。また重たいゴルフ用品を室内へ持ち運ぶのは面倒ですし、室内での収納場所にも困ってしまいます。
このように大きな物や外で使用するものを収納するスペースがなくて悩んでいるという人は多いのです。
シューズクロークを充実させることで出し入れしやすく、玄関や室内の収納場所に困ることも少なくなるでしょう。
このシューズクロークに扉を設けるかどうか私は迷っています。

扉を設ければ急な来客者が来てもシューズクロークに見られたくない物をサッと収納し隠すことができるので便利です。
我が家にも便利なシューズクロークを設けてきれいな玄関を目指したいと思います。